大阪府貝塚市:コスモスシアターアンサンブル「アンサンブル コスメア」

 HOME >コスメア

◎コスモスシアターレジデンシャルアンサンブル『アンサンブル コスメア』

『アンサンブル コスメア』は、コスモスシアターアートディレクタ−の西川修助氏の声掛けのもと集まったコスモスシアターの座付きアンサンブルで、2017年4月より活動を開始しました。 “アンサンブル”であることにより、演奏曲によって自由に編成を変え、様々なクラシック音楽に対応していくことができます。
コスモスシアター内の催しはもとより、多くの方々に音楽を身近に感じてもらえるよう、 活動の場を広くもうけ、学校や施設など、アウトリーチ活動も積極的に行っております。

アンサンブルコスメア =『コスメア』はオランダ語で「コスモス」=
  • 馬渕清香
    馬渕清香(ヴァイオリン)
  • 西川修助
    西川修助(ヴィオラ)
  • 池村佳子
    池村佳子(チェロ)
アウトリーチ活動とは
アウトリーチ(Outreach)とは英語で「手を伸ばすこと」で、「公的機関、公共的文化施設などが行う地域への出張サービス」という意味でも使われます。
ホールなど芸術分野施設が、学校や福祉施設など様々な施設でミニ・コンサートなどを行ったり、地域の文化活動に参加する館外活動もその一つ。
普段文化芸術施設に足を運ばない人にも文化芸術の体験の機会を設けることで、文化芸術の振興を目指しています。

『アンサンブル コスメア』メンバー紹介

 
馬渕 清香(ヴァイオリン) 2019年7月より参加
大阪府出身。3歳よりヴァイオリンを始める。 ヴァイオリンを小国英樹、原田幸一郎、工藤千博、田辺良子 各氏に師事。 全日本学生音楽コンクール第1位。
桐朋学園大学卒業後、ヨーロッパ各地の音楽祭などで研鑽を積む。
イタリア・シエナのキジアーナ音楽祭にてファイナルコンサート出演、キジアーナ・ディプロマ賞を受賞。イタリア・グッビオ国際Duoコンクール入選。
2005年より活動の拠点を関西に移し、クラシック音楽の素晴らしさを聴衆の皆さまと一体となって味わえるよう、お話や演出にも趣向を凝らした自主公演の企画に力を入れている。
ピアニスト多川響子と共に2016年ルーマニア、2017年東京、神奈川、名古屋、2018年大阪にてDuoリサイタル開催。また『四次元三重奏団vol.&vol.2』『琥珀vol.1&vol.2』の計4枚のCDをリリース。2019年1月には初のソロアルバム『SAYAKA MABUCHI SOLO RECITAL』を発売。
現在「Duo Moon Stones」「四次元三重奏団」「ヴィクトリア・アンサンブル」等の室内楽ユニットをはじめ、ソロやオーケストラでも活動。

西川 修助(ヴィオラ)
東京藝術大学付属音楽高校を経て東京藝術大学音楽学部器楽科入学。
在学中、江藤俊哉氏の推薦によりアメリカ・インディアナ大学に留学、ウィリアム・プリムローズに師事。
その後ピーバディ音楽院(現ジョン・ホプキンス大学音楽学部)に入学。
ウォルター・トランプラーに師事。在学中、国務省派遣ピーバディ音楽院合奏団プエルトリコ演奏旅行にヒンデミット“葬送の歌”の独奏者として参加。
その後トランプラー氏の推薦により、ニューヨーク・ジュリアード音楽院に転入。
在学中にレオポルド・ストコフスキーのアメリカン交響楽団に入団、首席奏者に就任。
東京交響楽団首席奏者、札幌交響楽団首席奏者を歴任。
秋山和慶指揮東京交響楽団でモーツァルトの“協奏交響曲”、ズデニック・コシュラー指揮札幌交響楽団でバルトークの“ヴィオラ協奏曲”、岩城宏之指揮同オーケストラでベルオーズの交響曲“イタリアのハロルド”、各定期演奏会の独奏者として出演。
フィンランド、シベリウス三重奏団の日本ツアーに参加。ブラームス“ピアノ四重奏曲”を共演。またゲイリー・カーとディッタースドルフの“協奏交響曲”を協演。
その間、NHK-FM“午後のリサイタル”にたびたび出演。
東京、大阪にてソロ及び室内楽リサイタルを定期的に開催。
また、サンタバーバラ音楽祭、グランドティートン音楽祭、カーメルバッハ音楽祭、クフモ室内楽祭、草津国際音楽祭などに参加。西川修助室内楽サロン主宰。
一般財団法人貝塚市文化振興事業団 理事長、コスモスシアターアートディレクター。

池村 佳子(チェロ)
京都市立芸術大学音楽学部及び、同大学院をそれぞれ首席で卒業。
これまでに第5回札幌ジュニアチェロコンクール優秀賞、第4回ビバホールチェロコンクール第3位、2001年度バロックザール賞など多数受賞。
2009年まで兵庫県立西宮高等学校音楽科非常勤講師として後進の指導にあたる。上塚憲一、上村昇、藤原真理の各氏に師事。
2014年よりマレーシアに4年間在住、2017年日馬友好樹立60周年記念コンサートに出演するなど、マレーシア、香港などで精力的に演奏活動を展開。「四次元三重奏団」「After hours session」メンバー。

ページトップに戻る

おすすめ記事Pick Up

【大ホール】残響可変装置で残響時間を調整。録音に真価を発揮。
【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構
第20回 yosakai ソーリャ!祭り