大阪府貝塚市:3つのホールを持つコスモスシアター「ベートーヴェン交響曲第九番 演奏会」

HOME > イベント一覧 >ベートーヴェン 「交響曲第九番」演奏会
2018年12月24日(月)開演14:00

ベートーヴェン 「交響曲第九番」演奏会

保育サービス ポイント

大友直人(指揮)
日本の音楽シーンを牽引してきた大友直人氏の指揮による、 出演者の平均年齢が一番若い「第九演奏会」
約80名のフルオーケストラ、若者200名による合唱、総勢300名の出演者が舞台上に並びます。
年の瀬を感じさせる「第九」の歌声。きたる新年に向け、コスモスシアターの第九は「若者」の真っすぐで力強い歌声に希望をのせて、お届けします。
  • 東野 亜弥子(ソプラノ)
    東野亜弥子(Sp)
  • 西畑 賀世(アルト)
    西畑賀世(Al)
  • 中島 康博(テノール)
    中島康博(Tn)
  • 三原 剛(バリトン)
    三原剛(Br)

「ディレクターズサロン」オープン
コスモスシアターの西川理事長(アートディレクター兼務)が、第九をより一層楽しむためのエッセンスをお話しする「ディレクターズサロン」を オープンします。《ディレクターズサロン》の詳細はこちら
■主催:一般財団法人貝塚市文化振興事業団
■後援:貝塚市/貝塚市教育委員会/貝塚商工会議所/貝塚市まちづくり推進委員会
■協賛:大阪芸術大学
■助成:大阪府芸術文化振興事業
                     
出演 【指揮】大友直人
【演奏】大阪芸術大学管弦楽団
【独唱】東野亜弥子(ソプラノ)/西畑賀世(アルト)
中島康博(テノール)/三原剛(バリトン)
【合唱】大阪芸術大学混声合唱団/泉佐野市少年少女合唱団/熊取町少年少女合唱団/貝塚市立第一中学校合唱部/大阪府立貝塚南高等学校合唱部
開催場所大ホール【全席指定】
チケット料金《一般》S席¥4,500 A席¥3,500
《友の会》S席¥4,000 A席¥3,000
※当日:500円増 小・中学生¥1,000
チケット発売状況 《一般》10/13(土)発売開始
《友の会》10/6(土)発売開始
※一般発売日の電話受付は12時から店頭は10時から
※友の会先行発売は電話・店頭共に10時から
その他未就学児童入場不可
保育サービス利用可能
開場 13:00
チケット取り扱い●コスモスシアター チケットカウンター
 TEL:072-423-2442 9:30~17:30
●チケットぴあ TEL:0570-02-9999《Pコード 129172》
●ローソンチケット TEL:0570-084-005《Lコード 51888》
●CNプレイガイド TEL:0570-08-9999
 
出演者プロフィール

大友 直人 (指揮)

現在、群馬交響楽団音楽監督、東京交響楽団名誉客演指揮者、京都市交響楽団桂冠指揮者、琉球交響楽団ミュージックアドバイザー。
また、2004年から8年間にわたり、東京文化会館の初代音楽監督を務めた。在京オーケストラの定期演奏会にとどまらず、これまでにコロラド交響楽団、インディアナポリス交響楽団、ロイヤル・ストックホルム・フィルハーモニー管弦楽団などに招かれ、2012年3月にはハワイ交響楽団のオープニングコンサートを指揮、同年6月にはロレーヌ国立管弦楽団の定期公演に客演。絶賛を博し、欧米での活躍にも大きな期待が寄せられている。
オペラにも力を入れており、1988年日生劇場における「魔弾の射手」でのオペラデビュー以来、オペラの指揮も高く評価されている。特に、2006年8月にプッチーニ音楽祭にて三枝成彰作曲オペラ「Jr.バタフライ」や、2013年1月には同作曲家のオペラ「KAMIKAZE-神風-」 の世界初演、そして2014年1月には千住明作曲新作オペラ「滝の白糸」を指揮し、大きな話題となった。
近年では教育的活動にも力を注ぎ、「こども定期演奏会(東京交響楽団)」を行うほか、国際音楽セミナー「ミュージック・マスターズ・コース・ジャパン」を盟友である指揮者 アラン・ギルバートと毎年開催するなど、活発な活動を行っている。
2000年第8回渡邉暁雄音楽基金音楽賞、2008年第7回齋藤秀雄メモリアル基金賞を受賞。現在、大阪芸術大学教授。

東野 亜弥子(ソプラノ)

大阪芸術大学卒業、同大学院修了。 2001年イタリア・サンタマルゲリータ国際声楽セミナー受講。 第8回高槻音楽コンクール奨励賞受賞。
2013年イシハラホールにてジョイントリサイタルを開催。 2016年東アジア文化都市事業の一環として奈良市より派遣され、中国にて日中韓青年文化交流イベントに出演。 オペラでは、「魔笛」パミーナ、パパゲーナ、「フィガロの結婚」ケルビーノ、「ドンパスクアーレ」ノリーナ、「カルメン」ミカエラ、フラスキータ、「こうもり」アデーレ、「アマールと夜の訪問者」アマール、「ヘンゼルとグレーテル」露の精、「遣唐使~阿倍仲麻呂~」なでしこ役で出演した他、狐のぼう役で出演した團伊玖磨作曲「ちゃんちき」が平成24年度三菱UFJ信託音楽賞奨励賞を受賞。オーストリア・ウィーンにおいて、林光作曲「おこんじょうるり」おこん役を好演。 又、ベートーヴェン「第九」、フォーレ「レクイエム」、ペルゴレージ「スターバトマーテル」、ビゼー「テ・デウム」、プーランク「グローリア」、エルガー「戴冠式頌歌」のソプラノソリストとしても好評を得る。
現在、大阪芸術大学演奏学科、大阪芸術大学短期大学部通信教育部保育学科講師。 日本演奏連盟、堺シティオペラ会員。

西畑 賀世(アルト)

武庫川女子大学音楽学部声楽専攻卒業。 大阪芸術大学芸術専攻科音楽教育専攻修了。 大阪芸術大学大学院芸術制作研究科芸術制作専攻演奏表現Ⅱ(声楽)修了。
ベートーベン交響曲第9番のアルトソロを始め、ウィーンフィルのチェリスト、ロベルト・ナジとのジョイントリサイタルをおこなう等、多彩な活動を続けている。ブルガリア、ソフィア国際音楽祭にてソフィア祝祭オーケストラと共演、またスタラザゴラ歌劇場にてガラコンサートに出演。  “なら100”クリスマスオーケストラコンサートにて関西フィルハーモニー管弦楽団と共演。 オペラでは「ヘンゼルとグレーテル」のヘンゼル、「カルメン」のカルメン、「アマールと夜の訪問者」の母親役、なら万葉オペラ「風の森・風の饗宴」の老婆、「猿ノ沢池不思議ノ横笛」では3回の公演で月読采女Ⅰ、Ⅱ、春花郎女役をつとめる。また、なら万葉オペラ「風の森・風の饗宴」は五島記念財団より助成、「猿ノ沢池不思議ノ横笛」は文化庁劇場・音楽堂活性化事業に選出された。 宗教曲においてはペルゴレージ作曲「スタバトマーテル」、サリエリ作曲「レクイエム」、モーツァルト作曲「戴冠ミサ」のソリストをつとめる。

中島 康博(テノール)

大阪芸術大学卒業。同大学博士前期課程、博士後期課程単位履修卒業。第29回奏楽堂日本歌曲コンクール入選。
2016年10月に開催された文化庁推進事業、東アジア文化都市根幹事業オペラ「遣唐使・名も無き民のオマージュ」主人公、葛井真成を演じ好評を博す。その他に「魔笛」タミーノ役をはじめ「コジファントゥッテ」フェランド役「フィガロの結婚」バジリオ役、「アマールの夜の訪問者」ガスパール他「風の森、風の饗宴」春日風役など多数出演。フェスティバルホールにて『大阪芸術大学特別演奏会』大友直人指揮、モーツアルト:「レクイエム」テノールソロ。〈第17回京都の秋 音楽祭〉『第3回関西のオーケストラ・フェスティバルIN京都コンサートホール』秋山和慶指揮、シューベルト:ミサ曲第2番ト長調テノールソロ。ザ・シンフォニーホールにてベートーヴェン:ミサ曲テノールソロ。J.Sバッハ:カンタータ4番「キリストは死の網目につながれたり」テノールソロ。シュッツ:「十字架上のキリストの最後の7つの言葉」エヴァンゲリスト。モーツァルト:荘厳ミサ曲「孤児院ミサ」、モーツァルト:大ミサ曲 ハ短調、ハイドン:「聖チェチーリア・ミサ」ハ長調テノールソロ。
三原 剛氏師事。大阪芸術大学演奏学科講師。

三原 剛(バリトン)

大阪芸術大学卒業。卒業時に演奏学科長賞受賞。第22回 日伊コンコルソ金賞受賞。第61回日本音楽コンクール第1 位、併せて増澤賞、福沢賞、木下賞、松下賞を受賞。第4回五島 記念文化財団オペラ新人賞を受賞し、奨学生としてドイツ・ ケルンに留学する。
1995年ハーゲン歌劇場ヴェルディ「トロ ヴァトーレ」のルーナ伯爵役で大成功を収め、ヴィッテン、 グンマースバッハ両歌劇場にも出演し好評を博した。国内に おいても「魔笛」(日生劇場)、オペラ遣唐使~阿倍仲麻呂~ほか数々のオペラに出演。2001年びわ湖ホール、オペラ「アッ ティラ」(本邦初演)エツィオ役では朗々たる声のみならずその役者ぶりでも注目を集めた。2006年ザルツブルク音楽祭に招聘されイタリア国立 RAIオーケストラによるヘンツェ作曲オペラ「午後の曳航」(ザルツブルグ祝祭大劇場)に出演。同じくフィルハーモニー(ベルリン)、アウディトリウムRAI(トリノ)にも出演し好評を博す。
バリトノ・カヴァリエーレ(騎士的バリトン)と評される豊かで気品溢れる声と多彩な表現力は、国内外に於いて多くの賞賛を集めている。
グローバル東敦 子賞、大阪文化祭賞など多数受賞。現在、大阪芸術大学演奏学科教授。

おすすめ記事Pick Up

【大ホール】残響可変装置で残響時間を調整。録音に真価を発揮。
【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構
第20回 yosakai ソーリャ!祭り