大阪府貝塚市:3つのホールを持つコスモスシアター「アートディレクターに西川修助氏が就任」

HOME >情報一覧 > 西川修助氏アートディレクタ−就任
新着情報  2016/4/1

コスモスシアターのアートディレクタ−に西川修助氏が就任


2016年4月1日より、アートディレクタ−に西川修助氏が就任しました。
小学生時代を貝塚市で過ごすなど貝塚市と浅からぬ縁のある国際的ヴィオラ奏者の西川氏。 「芸術家の視点で、地域の中で果たすべきコスモスシアターの役割を再考・模索していきたい」と語る。

■西川修助プロフィール■
東京藝術大学、インディアナ大学、ビーバディ音楽院を経て、ジュリアード音楽院に学ぶ。
在学中にレオポルド・ストコフスキーのアメリカン交響楽団に入団、首席奏者に就任。 東京交響楽団、札幌交響楽団の首席奏者を歴任。 大阪・東京・ニューヨークにてソロ及び室内リサイタルを開催する他、シベリウス三重奏、ゲイリー・カーと公演するなど、国際的ヴィオラ奏者として活躍。

おすすめ記事Pick Up

【大ホール】残響可変装置で残響時間を調整。録音に真価を発揮。
【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構
コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017 レポート