大阪府貝塚市:3つのホールを持つコスモスシアター レポート『コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017』レポート【3】

HOME > コラム&レポート >コスモスオリジナルミュージカル【3】
イベント レポート 2017/2/10

コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017【3】

今年もミュージカルワークショップ『コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017』が開催される。
出演者は、オーディションで選ばれた市民アクターに加え、これまでに出演経験を持つ面々。
公演開催2018年3月19日(日)に向け奮闘する彼らをレポート!

▶ワークショップ詳細 ▶公演情報


【1】オーディション 【2】演技レッスン初日 - 【3】3回目

今回のミュージカルでは「ダンス9回・歌10回・演技10回」のレッスンが行われる。
演技レッスン3回目を覗いてみた。

演技レッスン3回目—立ち稽古

今回は、台本を片手に台詞と動きを付けながら立ち位置や動きを決めていく「立ち稽古」が行われた。 練習場の小ホールを舞台に見立て、演技に合わせた舞台への入りやはけの場所などの他、小道具の移動などについても舞台スタッフと確認しながら決めていく。
演技指導と合わせ、実際の動きを見ながら次々と決まり変更されていく内容……台本に書き留めていくのに皆必死だ。書くことに気を取られていると流れに取り残されてしまう。あちこちで、キャスト同士が内容の確認をする姿が見られた。






緊張が走る厳しい演技指導

西園寺先生は、言葉だけでなく実際の動きを見せ台詞を聞かせながら指導をすすめる。
関西弁での指導は、和やかな雰囲気を作りながら、なぜこのタイミングでその言葉なのかや伝わる内容を考えさせながらの指示が飛ぶのだが、 時には稽古場の空気が固まる程の厳しい言葉が投げられることもあった。
「何でそう動くんや!このシュチエーションやったらまずこうやろ!!」
「だからそうじゃない!」
この空気に他のキャストも萎縮してしまうのではないかと心配になったが、ふとテレビで見た怒号の中の舞台稽古シーンを思い出した。 西園寺先生は、登場人物になりきって動けと指導している、厳しい言葉はそれができる人期待している人にしか言わないはず。 「厳しいな」と思うことは「たかが市民ミュージカル。参加者が楽しければ良いじゃない」と軽く見ているのと同じだと密かに反省した。
演技経験者もいるがほぼ素人の集まり、プロの世界を生きる西園寺先生を納得させる演技への道のりは遠いだろう。 しかし、どんな形であれしただけの努力は報われるはず。拙い演技の子ども達も、本番で驚くような成長を見せることがある。
まだまだレッスンカリキュラムも1/3を終えたところ。歌に踊りに演技にとハードスケジュールが続くが体調に気をつけて頑張って!


【1】オーディション 【2】演技レッスン初日 - 【3】3回目

ページトップに戻る