大阪府貝塚市:3つのホールを持つコスモスシアター レポート『第20回 yosakai ソーリャ!祭り』レポート【1】

HOME > コラム&レポート >yosakai ソーリャ!祭り
イベント レポート 2017/8/10

第20回 yosakai ソーリャ!祭り【1】


両手に鳴子を持ち、チームで踊ることだけがルールの自由で楽しい『よさこい祭り』。
『yosakaiソーリャ!祭り』は、20年前コスモスシアターが大阪府下で初めて開催した『よさこい祭り』だ。
第3回目までは前庭やプロムナードでのパレードを行っていたが、第4回以降は炎天下での開催を避け、ホール内での屋内開催のみとなった。
しかし今年は、第20回目となる節目の年。7月30日(日)に開催された『yosakaiソーリャ!祭り』では、野外でのパレードプログラムも復活して行われた。
【1】パレードプログラム 【2】ステージプログラム



当日は、炎天下のお祭り日和。コスモスシアター入り口付近には観客席と屋台も設置され、 踊り子達の華やかな衣装も相まって、なかなかのお祭り気分。 今年は「つげさんTシャツ」も販売された。鳴子を持ったつげさんのイラストが、ポップで凛々しい仕上がりに。

太陽も踊り子も、とにかく熱いよさこいパレード!

午前の部、野外パレードプログラムには13チームが参加。
老若男女、遠慮なく降り注ぐ太陽をものともせず演舞する熱い踊り子たち。表情はもちろん、たなびく衣装の風音まで聞こえてきそうな距離感は、パレード形式の醍醐味だ。 その迫力と美しさに、暑さも忘れて魅入ってしまう。
踊り子さんに野外での演舞について聞くと「ホール内の方が涼しいし、化粧が落ちるのとかも気にしなくていい(笑)。でもパレードだとお客さんの顔も見えるし、声も掛けてもらえるから、外は暑くてしんどいけど楽しい」と笑顔で答えてくれた。






他のチームの演舞を見つめる瞳

沿道では、一般客と共に他チームの踊り子も一緒に声援を送る。
中には、腕を組み真剣な眼差しで他チームの演舞を見つめる踊り子も。
「衣装や振り付けとか、刺激になりますね。ここはスゴイって思うチームの踊りをみると、次はもっとって気合いが入ります」 とのこと。うん、やっぱり熱い!

幅広い年齢層の踊り子がチームとして集う

同年代で結成されたチームもあれば、幅広い年齢の踊り子で結成されたチームもある。 中には、幼稚園位のかわいい踊り子たちもいた。
音楽がスタートし、遅れ気味の子ども達を見て「ちょっと早い、ちび達が……」と前を進む人に声を掛けるメンバー。「頑張れ」と励ますかのように、子ども達に歩調を合わせるお姉さんメンバー。
年齢も体力も違う人々が集まり一つになって踊る。日々どのように練習をし、このイベントに参加してくれたのか、そんなことも考えつつ、何とも微笑ましい光景にほっこりとした気持ちになった。

【寄稿:平松恵】

【1】パレードプログラム 【2】ステージプログラム

ページトップに戻る

おすすめ記事Pick Up

【大ホール】残響可変装置で残響時間を調整。録音に真価を発揮。
【中ホール】変幻自在!多目的に対応する舞台機構
コスモスオリジナルミュージカル Stand By Me 2017 レポート